投票用プロポーザル一覧

こちらは応募されたプロポーザル全ての一覧です。
SNS投票など、審議の前のプロポーザルとなります。
講演の決定されたプロポーザルの一覧ではありません。
講演の決定にはもうしばらくお待ち下さいませ。

talk

Integrating Django with Centralised Identity Management (en)

Fraser Tweedale in Business

Centralised identity management is common in businesses and large open-source projects. Users, groups, service identities and access policies are stored centrally rather than in individual applications' database tables. This talk covers integrating Django applications into these environments to achieve organisational security objectives while providing a positive user experience.

talk

Doing Math with Python (en)

Amit Saha in Education

This talk will describe how Python can be used a programming language to explore math topics usually covered in middle and high school. By learning how to create graphs and fractals, manipulating algebraic expressions, calculating statistical measures and solving calculus problems using computer programs, the learner is able to immediately apply computer programming to explore other subjects.

talk

データ可視化技術の過去/現在/未来 (ja)

Yukio Okuda in Other

多様化する可視化をPythonでどう実現するか、代表的ツールを実際に使用して評価しました。 PyPiホームページの分析から、現状のパッケージをMatplotlibを中心に評価するとともに、Matplotlibが苦手とするデータ構造、ブラウザーへの対応をCytoscape(Java)、D3.js(JavaScript)と比較し、今後のPython可視化を考察します。

talk

Program Pepper in Python (en)

Cagnon Sebastien in Embedded Systems

Pepper, the interactive robot deployed by Softbank Robotics, is invading Japan. Created as a platform, developers can create their own robot apps for Pepper. And guess what? Apps are written in Python! Let's explore together the tools and APIs available to create a small game on Pepper.

talk

Tornado/Websocketを使ったモバイルゲームアプリケーションの事例紹介 (ja)

Hideo Hattori in Web Frameworks

Tornadoを使ったWebsocketゲームサーバについての開発&運用ノウハウを紹介します。利用したモジュールの紹介やインフラ構成、負荷テストの方法などについてもお話します。

talk

Cyber attack: About DNS DDoS, and analysis it with Python (en)

Loyo Lai in Other

Recent years, there are more and more network attacks against on DNS server or using DNS to attack other service in the Internet. When to analysis these attacks Python can do it easily! This talk will briefly explain how the attack happened, and how to use Python to analysis the traffic.

talk

Web Scraping in Python (ja)

Kota Kato in Useful libraries

PythonでWebスクレイピングを行う方法を紹介するセッションです。 PythonにはBeautiful Soupやlxml、Scrapyなどの便利なライブラリがあり、簡単にWebスクレイピングを行えます。本セッションでは特に強力なWebスクレイピングフレームワークであるScrapyを使ったWebスクレイピングの方法を紹介します。さらに、数年間クローラーを運用してきた経験を元に、クローラー運用のポイントを紹介します。

talk

データベースドライバーひと巡り (ja)

Hajime Nakagami in Databases/NoSQL

Python から RDBMS の操作をしたいが、何をどうしたらよいかわからない人や、ドライバーがたくさんあるがどれを選択したらよいかわからない人向け めぼしいデーターベースドライバーをひと巡り解説します

talk

Writing Fast Code (en)

Younggun Kim in High Performance Computing

Learn how do computer and Python work under the hood. Learn how to find out bottlenecks in your code and how to get rid of it with or without external library.

talk

Karaoke-style Read-aloud System  (en)

Renyuan Lyu, Renyuan Lyu in Education

Using Cloud TTS (Text-to-speech) technology, such as Google Translate, iSpeech ... etc, and simple Speech-recognition technology, can be made to establish a method to create a Speech-text Synchronization file from original text-only file, that file can be used to show time-aligned high-light text like karaoke, which are very useful for language learning purpose.

talk

Translation of Python Programs into non-English Languages for Learners without English Proficiency  (en)

Renyuan Lyu, YungHsin Kuo in Education

A set of 18 demo programs from Python Turtle module were translated into traditional Chinese (tc) to demonstrate semi-automatic translation of Python-3 programs into non-English languages. By this way, it is possible to generate many Python programs in learners' native languages to help younger learners without English proficiency learn Python more quickly.

talk

Pythonで3Dデータモデリング&3Dプリント (ja)

Takuro Wada in Other

3Dプリント業界でPythonがどのように活用されているかをご紹介するセッションです。3DCGソフト・3DCADソフトのPythonAPIを使用した3Dデータモデリング手法や、株式会社カブクのプロジェクトで実際に導入している自作の軽量3Dデータ操作Pythonライブラリによるモデリング手法を紹介します。Pythonで実装された3Dプリントのためのソフトウェアカスタマイズ事例も紹介します。

talk

PyCon JP を支える技術 2015 (ja)

Takanori Suzuki in Community

PyCon JP 2014のLTでPyCon JPでどんなツールやサービスを使ってチーム運営をしているかの話をしました。今年はさらにツールを使うだけではなくて、より便利に使うためにスクリプトなども組み合わせたり進化しています。チームでリモート作業をするときのポイントなど、PyCon JP の裏側でどんな工夫をしているか紹介します。

talk

組合せ最適化を体系的に知ってPythonで実行してみよう (ja)

Saito Tsutomu in Science

最適化って難しそうでわからないという人に、最適化の体系化をガイドします。 Pythonには、SciPy、PuLP、OpenOptなど最適化のパッケージが目白押しです。 整数最適化や整数非線形最適化などについて、無料で始める方法をお話しします。

talk

Python で作って学ぶ形態素解析 (ja)

Tomoko Uchida in Useful libraries

辞書内包 / Pure Python 実装の形態素解析器 janome を支えるアルゴリズムについてお話します。形態素解析とは、一般に分かち書きともいわれ、自然言語処理の基礎となる技術です。このセッションでは、形態素解析アルゴリズムについて解説し、また janome ではそれをどのように実装したのかについて紹介します。

talk

Packaging最前線 (ja)

aodag in Packaging

未だ更新が続いているパッケージング関連のPEPと実装についての解説をします。 Wheelに完全対応したPIP/Virtualenvの最新バージョンやsetuptoolsのPEP追従の動き。 パッケージの利用、作成する場合のプラクティスなど。

talk

Python3 WSGIアプリケーション入門 (ja)

aodag in Web Frameworks

PythonにおけるWebアプリケーションの基礎となるPEP3333:Web Server Getway Interface(WSGI) 自体の説明とWSGIミドルウェアをビルディングブロックとしたWebアプリケーションの作成方法やWSGIアプリケーションのためのライブラリ、ツールを解説します。

talk

PythonとPyCoRAMでお手軽にFPGAシステムを開発してみよう (ja)

Shinya Takamaeda in Embedded Systems

ユーザーが自由に構成を変更できる柔らかいハードウェアのFPGAが,サーバーや組み込みシステムなど幅広い用途で利用されています.また,評価ボードの低価格化・小型化に伴ってソフトウェア技術者にも広まりつつあります.このセッションでは,Pythonによる高位合成コンパイラを持つFPGAシステム設計フレームワークであるPyCoRAMを用いた,お手軽なFPGAシステムの開発方法について解説します.

talk

with modern_peripherals: Python and Flask (en)

Piotr Dyba in Web Frameworks

Auto-scrolling sites, glance-following ads, and gesture friendly web pages are coming!

talk

PyCharm Essentials (en)

Quazi Nafiul Islam in Other

This talk will give viewers a quick but solid introduction into how one can effectively use PyCharm. It will have a TLDW (too long didn't watch) section in case the viewers just want to take a look at whats available. But then the talk will go into navigation, project setup, interpreters as well as some of the other tools that PyCharm offers for fast paced development.

talk

Jumping the Python Ship: Better Alternatives To Python (en)

Quazi Nafiul Islam in Other

So Python has many flaws. Terrible concurrency (or rather its parallel execution), bulky datatypes, and slow runtime (cpython). What alternatives are out there?

talk

Ansible x AWS -- Infrastructure as Code for Small Team (ja)

Akira Chiku in Systems Administration

一昨年、昨年大きな盛り上がりを見せたInfrastructure as Codeという流れの中で、ツールは洗練されていき、各所で知見が公開され、私が所属するような小さなチームにも身近なものになってきています。そんな中、Python製プロビジョニングツールの雄Ansible、クラウド界の巨人AWSを組み合わせ、小さなチームがどのようにインフラをコードとして記述し、管理し、進化させてきたかをお話します。

talk

Threads and Callbacks for Embedded Python (en)

Yi-Lung Tsai in Other

Python is a great choice to be customized plug-ins for existing applications. Extending existing applications with Python program is also practical. For large systems, multi-thread programming is ubiquitous along with asynchronous programming, such as event routing. This presentation focuses on dealing with threads and callbacks while embedding Python in other applications.

talk

14歳からの関数型プログラミング in Python (ja)

Makoto Kuwata in Core Python (Language, Stdlib)

関数型プログラミングの基礎を、Pythonを使って説明します。内容は主に「高階関数」と「遅延評価」です。これを聴講すれば、高階関数や遅延評価が何なのか、どううれしいのか、どんなときに使えばいいのかが分かるようになります。対象は主にPython初級者です。

talk

pythonが支える、データ駆動型コンテンツの創出 (ja)

Takeshi Sato in Other

PandasやD3.jsといった可視化ツールも整備されたこともあり、可視化されたデータを目にする機会も増えてきました。可視化を見てそれだけで満足していませんか?データ可視化はあくまで気付きを得るための手段であり、データ可視化そのものを目的とすべきではありません。本セッションでは、データ可視化から気づきを得、コンテンツを公開するまでにどのようにPythonを活用したかをご紹介します。

talk

Infrastructure as Code with Ansible (en)

Zakatell Kanda in Systems Administration

Ansible is one of popular Configuration Management written in Python, it powers a lot of Sysadmin as well as Developers to easily configure their servers.

talk

Breaking backwards compatibility: The easy way!  (en)

Flavio Percoco in Best Practices/Patterns

A walk-through some of the things that API maintainers can do to make their users feel pain and rage. If you are one of this maintainers, you'll know how to preserve backwards compatibility (or not), whereas as a user, you'll likely feel represented.

talk

Dissecting the Stack: How things were glued together (en)

Flavio Percoco in Distributed Computing

In this talk, we'll dissect OpenStack and look inside of it. I'll explain from the bottom up, how all these services interact within them and throughout the under-cloud in a distributed, scalable and reliable way. We'll talk about multi-services architecture, messaging technologies, API's, security and distribution of responsibilities.

lightningtalk

Hitchhiker's Metaprogramming in Python (ja)

Fernando Masanori Ashikaga in Education

Hacking basic modules and classes to obtain the "Answer to the Ultimate Question of Life, the Universe, and Everything". The funny way to learn the importance of Free Software and inheritance and overloading in OOP or advanced topics like metaprogramming in Python.

lightningtalk

Diversity in Brazil (ja)

Fernando Masanori Ashikaga in Community

First activities of PyLadies in Brazil. Influences in other conferences RuPy Natal: 300+ 1/3 women, Code Girl 2: 700+ 60% women. Diversity in PyLadies São Paulo: lawyers, designers, architects, journalists, etc. Diversity case: Reconstruction of the St. Anthony of Padua Face. Other diversity case: reconstruction of a tortoise roof with a 3D printer and Python Phothogrammetry Toolkit.

talk

Teaching Data Structures with Python (en)

Fernando Masanori Ashikaga in Education

Data Structures is traditionally a “bogeyman” discipline in Computer Science courses and has a high degree of failure. In FATEC São José dos Campos we are adopting a hybrid approach, with C and Python languages. The failure rate decreased from 85% (2008) to 10% (2015). The talk will be extensively illustrated with code in C and Python, addressing the various concepts taught in this course.

talk

Python, the next Brazilian generation (en)

Fernando Masanori Ashikaga in Community

Jessica McKellar made a challenge in her keynote at PyConUS 2014, to promote the next Python generation. Python for Zombies MOOC is my personal contribution to the challenge. With a team made up of three folks and no budget, we have reached 30.000 enrollments in one year and half. After having taken the course, some former girl students even founded the first PyLadies groups in Brazil.

talk

NAO + iPadで実現するコミュニケーションロボット!tornado/websocketで実装するタブレットを使った対話ロボットアプリの事例 (ja)

Koji Shiraishi in Embedded Systems

タブレットを持たせたコミュニケーションロボットの実現方法を、Aldebaran社のロボットNAOをベースに紹介します。NAOはPepperと違いあらかじめ備え付けのタブレットを持ちません。このNAOにiPadを持たせて対話アプリを実装します。NAOを用いてコミュニケーションの可能性を広げる方法について、tornado/websocketを使って実際に実装した内容、事例を紹介しながらお話します。

talk

JSONSchema with Python (ja)

YuZakuro in Useful libraries

世の中にはJSONSchemaという規格があります。QiitaやHerokuが採用しており、特にRuby界隈では流行の兆しを見せ始めています。Python界隈ではまだ話題に上がることは少ない規格ですが、JSONSchemaを活用するライブラリはすでに幾つか存在しています。このトークでは、JSONSchemaの紹介と、それを活用するためのライブラリを紹介します。

talk

Djangoとフロントエンドフレームワークの共存事例 (ja)

YuZakuro in Best Practices/Patterns

AngularJSなどのフロントエンドフレームワークをDjangoと共に使用する際のプロジェクトの構成や、ビルドフローについて紹介します。 ベストプラクティスの紹介ではなく、事例を共有することが目的です。

lightningtalk

3分でサーバオペレーションコマンドを作る技術 (ja)

Kei Iwasaki in Systems Administration

Python製デプロイツールのfabricとCLIフレームワークClickを用いて python初心者でも手軽に、簡単にサーバオペレーションコマンドを開発するために必要なTipsを紹介したいと思います。

talk

10年続くWebサービスでも使えるOpsのためのfabric入門 (ja)

Kei Iwasaki in Systems Administration

Python製デプロイツールのfabricは小さくシンプルに使えるため、サーバオペレーションにおいても活用できるケースが多数あります。レガシー環境が今尚存在する、10年続くWebサービスにおけるfabricを用いたサーバオペレーション効率化の事例を交えながらOpsにとってのfabric活用術を紹介紹介したいと思います。

talk

MinecraftをPythonで遊ぶ (ja)

Tomoki Ohno in Gaming

PythonからMinecraftの世界を弄る方法、またそれのなにが楽しいの?ということについて話したり、デモしたりします。 Minecraft経験0でも大丈夫! このトークを聞けば、貴方は三次元の物体をプログラムから作る面白さを知り、それをプレイヤーのアクションに応じて変更する楽しさに目覚め、さらにそれらがPythonで簡単にできることに驚…いてくれれば幸いです。

talk

uWSGI/Dockerを利用したWebサービス運用事例 (ja)

Yuri Umezaki in Web Frameworks

uWSGIは数多くの機能が用意されたWSGI/httpサーバです。uWSGIをうまく利用することで、運用中のサービスを止めないGraceful更新や特定のPaaSに依存しないサービス設計をすることができます。 本セッションではuWSGIのGraceful更新機能を中心に、Gunicornとの比較や、DjangoとDockerと併用したWebサービス運用事例を紹介します。

talk

Python3を利用して良かったこと (ja)

Yuri Umezaki in Core Python (Language, Stdlib)

世の中まだまだPython2系が主流だと思っていませんか? ここ2、3年でPython3対応のライブラリが増え、Python2から3系移行のハードルが下がっています。 本セッションではPython2と3の主な違いや、実際に3に変えてよかった点・困った点をWeb開発の事例とともに紹介します。

talk

Pythonによる未知語・重要語キーワード抽出とその応用 (ja)

Satoru Kadowaki in Other

テキストデータは意味のある単語に変換できることによって初めて機械学習アルゴリズムの入力として利用することができます.Pythonの日本語形態素解析ではMecabをはじめとしていくつかありますが,これらの形態素解析システムでは品詞をほぼ正確に抽出することはできるものの,そのままでは重要なキーワードを適切に抽出できないことが多くあります.日々生み出させる未知語をどのようにトークン化するかは後段の解析を左右することもあり,解析処理を行う上で重要なプロセスの1つとされています.本セッションでは,Mecab-pythonをベースにした自然言語処理解析の結果から,未知語・重要語キーワード抽出までの仕組みを日本語を処理する際の注意点と合わせて説明します.

talk

Tornado/ElasticSearchで実現する大量ツイートのリアルタイム関連文書判定 (ja)

Satoru Kadowaki in Best Practices/Patterns

Twitterのツイートのような短い文章を自然言語処理して,分類したりタグ付けしたりする試みが色々なところで行われていますが,ツイートはあまりに短く非整形であるために,ステート・オブ・アートの機械学習の手法を使用してもあまり良い結果が出ないことが多くあります. 一方,Elasticsearchは容易にスケールアウトが可能でRestfullに使用できるオープンソース全文検索エンジンです.Pythonクライアントも充実しており容易に使用することができます.本セッションでは,Elasticsearchの特徴を活かし,機械学習を使用せずとも大量のツイートをリアルタイムに関連性文書判定することができる仕組みをTornadoベースで作成したプログラムを通して解説します.

talk

なぜWeb画面自動テストはうまく行かないのか (ja)

Akira Taniguchi in Testing

世の中には自動でWeb画面のテストを実行してくれるツールが存在します。特にSelenium( + Python)はクロスブラウザにも対応しており、利用者が多く、情報もたくさんあるため他に比べて扱いやすいものとなっています。 ですが、Web画面自動テストの運用がうまく回っているという話はあまり聞きません。今回は、Web画面の自動テストがうまくいかない原因と、その対策の一例を共有したいと思います。

lightningtalk

Pythonと野球ではじめる独りぼっちアジャイル開発 (ja)

Shinichi Nakagawa in Best Practices/Patterns

日曜プログラミング、もくもく会、ハッカソンそして仕事。 自らが好んでやるかどうかは別として、「ぼっちチーム」での開発はよくあることだと思います(?) そんな「ぼっちチーム」に役立つアジャイル・スクラムの手法や考え方を、「Python」「野球」を通じて紹介します。 なお、この発表はすべて私の体験談で構成されています。

talk

野球Hack!~Pythonを用いたデータ分析と可視化 (ja)

Shinichi Nakagawa in Best Practices/Patterns

Pythonと野球統計学「セイバーメトリクス」を使ったデータ分析・可視化に関するノウハウを紹介するセッションです。IPython等のPyDataライブラリ、Ansible/Docker等のOSSを用いたデータ分析・可視化の環境づくりと分析・可視化の具体例を中心に紹介します。 野球に限らず、Pythonでデータ分析・可視化を行いたい方、Ansible/Docker等で構成管理をはじめたい方にお勧めです。

lightningtalk

Forget about using "else" (ja)

Juti Noppornpitak in Best Practices/Patterns

In many programming language, "else" is like an essential part to control the code flow. Why should we forget or limit the usage of "else"? What could be the better alternatives? This 5 minutes will illustrate the idea.

lightningtalk

PyCon Canada 2015 (ja)

Juti Noppornpitak in Other

The announcement for this year's PyCon Canada

talk

Making Python coexist with others (en)

Juti Noppornpitak in Distributed Computing

Nowadays, many companies have moved away from the monolith architecture where everything are tightly coupled and instead adopted a service-oriented approach. For example, Amazon has adopted service-oriented architecture for inter-service communication. In this session, we will explore how you can design software in Python that works with other services developed using any programming languages.

lightningtalk

pandasによるデータ加工時の注意点やライブラリの話 (ja)

Masashi Shibata in Science

pandasを使ってデータを加工する際、バグの存在に素早く気付き修正するためのライブラリやテストの話をします。

talk

pandasによるデータ加工:テストのコツ・注意点やライブラリの紹介 (ja)

Masashi Shibata in Science

試行錯誤しながら考えた、ipython notebook等のツールを使ってスムーズにpandasでデータを加工するための手順やテストを書くときのコツ・注意点について具体例を交えながらお話します。またpandasを使うときに便利なライブラリの紹介も行います。pandasを使ったことがある方向けのセッションです。

talk

Mezzanine, the best CMS on Python (en)

Hiroki KIYOHARA in Web Frameworks

Mezzanine http://mezzanine.jupo.org/ is one of CMSs on Python. I've used Mezzanine to host djangoproject.jp. On this session, you can learn the best way to host web sites on Python.

talk

How we realize SOA by Python (en)

Hiroki KIYOHARA in Best Practices/Patterns

I will show you how we realize Service Oriented Architecture(SOA) in real life. SOA is an approach to create a system based on small servers separated for small functions. We've used Django and DjangoRestFramework to create it and Sentry, NewRelic and Rundeck to monitor it. You can learn way to realize it (and what happened).

talk

アドネットワークのデータ解析チームを支える技術 (ja)

Takashi Nishibayashi in Science

インターネット広告配信、主にアドネットワークのデータ解析チームにおける業務でPythonがどのように活用されているか紹介します。チームのミッション・業務内容に始まり、IPython/Pandas/BigQuery/Cython等を利用したデータ収集、アルゴリズムの性能検証、機械学習、配信最適化、レポート作成を例にPythonの使いどころ、使わなかった所を解説します。

talk

Python × Bluemix でやったHack-a-thonでの超短期間認識系アプリ開発事例 (ja)

Takesxi Sximada in Other

BluemixはIBMが提供しているIaaS/PaaSです。様々なサービスがありますが今回は認識/分析系の機能に絞って、物体認識/顔認証/音声テキスト変換/パーソナル分析の機能を利用する方法をPythonのサンプルコードを交えて解説します。またHack-a-thonイベントで作成したアプリなど利用事例と、使ってみて困ったところなどを、Hack-a-thon当日のドタバタを交えてご紹介します。

tutorial

【初心者向けPythonチュートリアル】Webスクレイピングに挑戦してみよう (ja)

Takesxi Sximada in Core Python (Language, Stdlib)

Python初心者向けにPythonの環境構築、データ型、ファイル操作、ライブラリなどの基本的な使い方を解説し、それらを用いてWebページにアクセスしてデータを抽出しCSVやJSON形式として出力する方法を解説します。 序盤はPythonエンジニア養成読本の内容をもとに進めます。 後半では実際に実務で使えそうなスクリプトを作成して、今後の業務などに役立てられるようにします。

talk

エンジニアの技術力評価は難しい? - 相互評価制度を約4年やってみたけど、わりと良い感じかもしれない - (ja)

Masanori KOGA in Other

Pythonプログラマもその他のエンジニアも技術力を評価するのって難しいですよね。 評価する側がエンジニアではない場合は特に難しいと思います。 そこで、VOYAGE GROUPでは2011年7月から技術力評価会という名のエンジニアの相互評価制度を導入しました。 約4年やってみて、わりと良い感じだと思っています。 このトークでは、VOYAGE GROUPが約4年やってきた技術力評価の改善の歴史について、制度設計から全エンジニアの最終評価までやってきたCTOが語ります。

talk

Web2.0せんせーが進路相談! (ja)

Aida Torajiro in Other

中学二年生になった会田寅次郎くんは、そろそろ三年生に向けて進路のことを考えなくてはなりません。Web2.0の考えをもてば、人生や未来、そしてこの世界の流れを解き明かすことができる!と言って、寅次郎くんは一人、〈Web2.0〉を使い世界を解明する旅に出るのでした・・・

talk

日本のオープンデータプラットフォームをPythonでつくる (ja)

Yuta Kashino in Big Data

私たちが正しく意思決定をするには根拠となるデータ,それもきちんとした手法で収集されたデータが必要です.その意思決定に必要なデータの最たるものが行政機関・地方自治・民間団体が発表するオープンデータです.しかし残念なことに,各行政機関のデータの出し方は雑多で,かつすぐに活用できるデータ形式になっていないという大きな問題があります.この問題を解決するためには全く新しいプラットフォームが必要だと考え,これをPythonスタックを中心とするサービスとして構築しました.本トークでは日本のオープンデータの現状とこれをPythonを用いて解決する手法を具体的に解説します.

talk

Pythonでマイクロサービス構造のWebサービスを実現する (ja)

Yuta Kashino in Best Practices/Patterns

Webサービスの世界で未だに支配的なモノリシック構造は,サービスの規模の拡大と共にパフォーマンスの低下やメンテナンス困難などいろいろな弊害があることがわかっています.これに対する解決策の一つは,マイクロサービス構造を採用するということです.本トークではPythonのツールを利用してマイクロサービス構造を実現する方法を紹介します.非同期サーバー,メッセージングサービス,プロセスコントロールシステムなど,信頼できるPythonライブラリを紹介しながら,マイクロサービス構造の実現方法を具体的なコードとして提示したいと思います.

tutorial

エンジニアのためのベイズ推定入門:確率論的プログラミングのすすめ (ja)

Yuta Kashino in Other

最近のイケてる統計解析や機械学習の大前提知識であるベイズ推定を身につけたいと思っているけれど,有名な教科書を読んでも事前分布,事後分布,マルコフ連鎖,ギブスサンプリングなどの概念に翻弄されている技術者のあなた.このチュートリアルはあなたのような技術者やプログラマがベイズ推定を行うための基礎となる知識を身につけるためのものです.数学的な詳細には立ち入らない代わりにPythonコードを動かしながらべイズ推定の肝を理解し,確率論的プログラミングを体験することを目指します.

talk

CFFI Is the Future (en)

Tzu-ping Chung in Useful libraries

CPython provides a C API that allows you to build “extensions”. But you need a C compiler to build the them, which makes deploy harder. We will explore ways to use C code/library in our program, but deploy our application without a C compiler.

talk

Mochiの紹介 (ja)

Yasushi Itoh in Other

いわゆる関数型プログラミングでよく用いられる言語機能がPythonには不足しています。それを補うために、複数のモジュールやテクニックが公開されていますが、それらのみでは不足を十分に補えていないと感じています。本発表では、Pythonでの関数型プログラミングに役立つMochiを紹介します。MochiはPython3(CPython、PyPy) 仮想マシン用の動的型付けの関数型言語です。

talk

はじめてのドローン・プログラミング (ja)

Takahiro Ikeuchi, Hideki Tanaka in Best Practices/Patterns

高性能化と低価格化の進んだドローン(Drone)はテクノロジーの新たな活用領域として世界中で注目されています。今回のトークセッションでは、実機デモを交えて、ドローン技術 x Python をテーマにドローンの魅力と可能性を紹介します。

tutorial

Python x Edison x AWSではじめる IoT (ja)

Takahiro Ikeuchi in Cloud

今、IoT (Internet of Things) は最も熱いテクノロジーの分野の1つです。本チュートリアルは、アマゾンデータサービスジャパンさま及びインテルさまの協力のもと、IoTデバイス「インテル Edison」と、クラウドコンピューティングサービス「Amazon Web Service (AWS)」を活用して、参加者の方にIoTの面白さを体験いただくことを目的とします。プログラミングはもちろんPythonで行います。チュートリアルでは、デバイスからセンサーデータを収集し、AWSのサービスにアップロードするハンズオンを実施します。AWSの中でも注目度の高いAmazon API GatewayとAmazon Lambdaを活用します。本チュートリアルで、IoTの簡単な仕組み、クラウドサービスの活用方法を学べます。

tutorial

Effective Pandas (ja)

Takahiro Ikeuchi in Science

近年、データ分析のツールとしてPandasが用いられることが増えています。Pandasは、Pythonのコードで対象データの抽出、結合、補間などが行える便利なパッケージです。さまざまなサービスとのインテグレーションも増え、今後ますます発展する可能性を秘めています。 本チュートリアルでは、Pandasの基礎に加え、Pandasの効果的な利用方法についてハンズオン形式で学んでいきます。Pandasを学ぶうえで役立つJupyterや可視化ツールも取り扱います。参加者自ら手を動かし、Pandasを一通り扱えるようになることがゴールです。

talk

個人の写真から分かる過去と未来 ~機械学習を添えて~ (ja)

Kyota Masuyama in Science

写真からその人の何が分かるだろうか. なぜ多くの会社が写真に注目するのか. データとしての"写真"についての価値はどこにあるのか. 写真からユーザの過去と行動するであろう未来を推測するためにはどのようにすればいいのか. 写真共有アプリを作った経験と共にお話ししたいと思います.

talk

Introduction to nipype and creating stable NeuroImaging pipelines using it  (en)

Sourav Singh in Science

This talk will try to introduce people to nipype, which is a python project which brings together various Imaging packages like FSL,AFNI,FreeSurfer and many others in a single platform;Simplifying the work for neuroscientists,making it easier for a scientists to collaborate on the project and eliminating the need for the scientists to learn about individual imaging packages.

poster

カエルを作りたい (ja)

Naoto Yoshida in Science

動物のようなものをつくりたい.近年の深層学習はまさにそのような夢を一段進める画期的な技術です.実はカエル脳の構造は詳細に知られていて,そこで最近思ったわけです.「カエルって,作れるんじゃね?」.このカエル計画のため,深層学習用package,Chainerを使ってDeep Q-Networkを書きました.カエルの話をしたい人や,深層学習をしたいひと,強化学習を知りたい人,お話しましょう!

talk

Python と型ヒント (Type Hints) (ja)

Tetsuya Morimoto in Core Python (Language, Stdlib)

Python 3.5 で導入予定の型ヒント (pep 484) について解説します。Python 3.0 から関数アノテーションが導入されましたが、その用途については言及されていませんでした。pep 484 で導入される型ヒントとは、その用途を型アノテーションとして標準化したものです。本セッションでは pep 484 の背景や仕組み、使い方についてお話しします。

poster

Gandi CLI: Open Source command line interface to manage infrastructures (domain names and hosting) (ja)

Kulper Thomas in Cloud

Written in Python, Gandi CLI is the ideal open source command line tool to manage domains (registration, transfers, zone files), Gandi hosting resources (VPS, PaaS) as well as Certificates. This poster session explains the architecture and how to use Gandi CLI with diagrams and examples and Q&A. Gandi CLU is open source and its possible to extend it.

talk

Gandi CLI: Open Source command line interface to manage domain names and hosting infrastructures (en)

Kulper Thomas, Marcelo Araujo in Cloud

Written in Python, Gandi CLI is the ideal open source command line tool to manage domains (registration, transfers, zone files), Gandi hosting resources (VPS, PaaS) as well as Certificates. This talk goes in-depth how to use the CLI. Gandi's interface makes the life of the system administrator easier. As Gandi CLI is open source its possible to modify any command for your needs and to extend it.

talk

Cython at rescue . (en)

Janit Anjaria in Core Python (Language, Stdlib)

We have seen students being taught C as the fundamental programming language . Why cannot Python be the one ? To solve this purpose , Cython can be the saviour for our goal . With the ease of python and architectural power of C it can be brought to more developers there by increasing reach and quality of code contributed by developers .

talk

Machine Learning to solve grass root level problems . (en)

Janit Anjaria in Big Data

Using Python for Machine Learning and AI using the power of quality data can be used to build applications that can reach & solve the bigger issues in the smallest & hence the remotest areas of the developing countries where employing skilled men is a big task to handle,& using the power of programming to build intelligence at scale & promote this to the community of developers.

lightningtalk

Dask: 軽量並列計算フレームワーク (ja)

Masaaki Horikoshi in Useful libraries

Pure-Pythonの軽量並列計算パッケージであるDaskについて説明します。 Daskを使うとNumPy, PyToolz, pandas互換のAPIで簡単に並列処理を行うことができます。

talk

pandas internals (en)

Masaaki Horikoshi in Science

This section illustrates the pandas internal design, and how to get the most out of it focusing on memory efficiency and optimizing performance. pandas is one of the most widely used scientific package which supports varieties of data manipulations. I introduce some design detail such as internal data structure and algorithm, and how to use pandas more efficient and optimized ways.

talk

tse - Pythonによるテキスト整形ユーティリティ (ja)

Atsuo Ishimoto in Other

tse (https://github.com/atsuoishimoto/tse) は、ターミナルからコマンドとしてPythonスクリプトを実行するためのユーティリティで、awkのように入力ファイルを読み込み、指定したパターンにマッチした行に行う処理を記述できます。複雑なPythonスクリプトをコンソールから記入するための、便利なコマンド引数を用意しており、基礎的なPythonの知識があればすぐにデータ処理を行えます。 このセッションではtseの利用方法と仕組みを紹介し、Pythonをより日常的なツールとして活用する方法を解説します。

talk

kaa - Python製テキストエディタ (ja)

Atsuo Ishimoto in Other

kaa(http://kaaedit.github.io/) は、いにしえのviやemacsのようにターミナルで動作するテキストエディタで、Pythonで実装されています。Undo/Redo・キー操作記録・マルチウィンドウ・構文ハイライトなど多くの機能を備えていますが、Windows環境に慣れたプログラマでも、自然に操作できるように配慮しています。このセッションでは、kaaの機能を紹介し、PythonとCythonを利用した実装方法について解説します。

talk

Learning by Experience, Devploying pyxbackup (en)

Jervin Real in Best Practices/Patterns

Writing command line application is fun, but how do you make sure your project is both production ready and community ready. We wrote pyxbackup to manage MySQL backups of different sizes with confidence from little Python background, ensuring minimal dependency, maximum adoption, portable, easily integrated and user friendly.

talk

Python and the Semantic Web: Building a Linked Data Fragment Server with Asynco and Redis (en)

Jeremy Nelson in Industry Uses

A barrier to wider adoption of the semantic web is scaling SPARQL endpoints for large Linked Datasets. A promising approach, Linked Data Fragments, allows for small queries instead of complex SPARQL. This talk is about a Python-based Linked Data Fragments Server project using the new Asynco Python module and Redis. Testing is being done with datasets from the Library of Congress and the DPLA.

lightningtalk

Basic of Kivy (ja)

Daisuke Saito in GUI Programming

NUI(Natural User Interface)開発のためのフレームワークであるKivyについて、簡単に解説します。Pythonを用いることによるGUI開発の可能性について考えます。

talk

Kivyの基礎: アプリケーション開発の楽しさを考える (ja)

Daisuke Saito in GUI Programming

Kivyはクロスプラットフォームで動作するNatural User Interface (NUI)のアプリケーションを開発するためのフレームワークである。対応するプラットフォームはWindows, Mac OS, Linux, Android, iOS, RaspberryPiと多彩であり、アプリケーションを開発するフレームワークとしては非常に強力である。本トークでは、このKivyの基礎を公式サイトのドキュメントを用いて解説し、アプリケーション開発の楽しさを伝える。

talk

Cython による他言語の拡張 (ja)

TAKANO Mitsuhiro a.k.a. @takano32 in Core Python (Language, Stdlib)

Cython で他の言語から利用可能なオブジェクトファイルを生成する方法について説明する。 Python が得意とする分野についての処理を Cython で記述しながら、ユーザは好みの言語を利用することができるようになる。

poster

Python x Edison = New World!! (ja)

KITAGAMI` YUTA in Embedded Systems

ハードウェアのデモはポスター展示が一番w 今回はMAKEで展示した作品から、Edison上でPythonを動かし、ハードウェアをネットワーク上に上げる仕組みを紹介します。(それってIoTっぽくない?w

talk

2015年決定版! 博士のPythonでハードウェアを扱う方法 (ja)

KITAGAMI` YUTA in Embedded Systems

博士(@nonNoise)が普段、どこでPythonを使ってハードウェアを操っているかを2015年総集編としてまとめますw RaspberryPi , Edison , その他pythonが動くコンピューターで、あたなもハードウェアを扱ってみたくありませんか?w Pythonなら、ハードウェアが簡単に扱えるだけじゃなく! そのままネットワークへと接続出来るんです! IoT時代の救世主! Pythonの本気を是非ご覧くださいw

talk

Scaling and Launching Python on AWS (en)

Chason Chaffin in Cloud

In the past few years, Amazon has released a huge number of tools for application developers on their AWS platform. In this talk, I will take you through launching and provisioning your app on AWS to automatically scaling it as your traffic goes.

talk

Pythonで作るリコメンデーションシステム (ja)

Katada Yosuke in Big Data

リコメンデーションシステムのアルゴリズムは数多くありますが、ビジネス課題や取得可能なデータによって、どのアルゴリズムが良いのかは変わってきます。ニュースキュレーションアプリ「カメリオ」で検討したリコメンデーションシステムについて、ビジネス課題からどのようにアルゴリズムを検討し、Pythonで実装したかについて説明します。

talk

DevOps ツールの選びかた・使いかた 〜ヌーラボの場合〜 (ja)

染田貴志 in Systems Administration

ヌーラボでは Ansible や Fabric を中心に様々なツールを使って AWS 上でサーバの管理・運用を行っています。 これらのツールは適用領域が重なる部分もあり現実の運用でどのツールをどのように使うべきか悩むこともしばしばです。 このセッションでは私たちのサーバ運用におけるそれらツールの使いかたの具体的な実例を紹介し、 そこから DevOps を実現するツールの選び方や使い方のポイントを考えます。

talk

Ways to avoid overfitting when developing a trading strategy (en)

C.Y. Yen in Industry Uses

This talk is a brief introduce about the main problem when developing a trading strategy. It would also show some solutions to the problem mentioned above, and would give some brief examples how we implement it by Python.

talk

Djangoのエントリポイントとアプリケーションの仕組み (ja)

Shinya Okano in Web Frameworks

Djangoフレームワークがどのように起動し、リクエストを処理しているのか、ソースコードを眺めながら説明します。 manage.pyとwsgi.pyから始まり、django.core.handersやdjango.appsモジュールの説明が中心になります。

talk

Pythonによる4足歩行ロボットの制御と強化学習による歩行動作獲得の実例 (ja)

Hideyuki Takei in Other

Pythonによる画像分類などの教師あり学習の事例はよく見るようになりましたが、Q学習などの強化学習もPythonで簡単に実装可能です。本セッションでは、Pythonで実装された強化学習による4足歩行ロボットの歩行動作獲得の実例を解説し、Pythonを用いたハードウェア制御と機械学習の可能性を探ります。実機のロボットを使ったデモも行う予定です。

lightningtalk

sqldf for pandas (ja)

airtoxin Ryoji in Useful libraries

データ解析用ライブラリのpandasは表形式のデータを扱うDataFrameというデータ型を提供しています。表といえばそう、SQLですね。DataFrameに対してSQLを発行できるライブラリを開発したので、それについて発表します。

talk

fabricを用いたサーバーメトリクスの収集と可視化 (ja)

airtoxin Ryoji in Useful libraries

ssh越しにサーバーへの操作を行えるfabricを用いて、サーバー群のメトリクス取得を行い。可視化するための方法を解説致します。 fabricで各サーバーへメトリクス取得をし、それら時系列データをInfluxDBへ保存、Grafanaで可視化するためのダッシュボードを用意という感じにシステムを構築します。

talk

PyLadies Tokyo-初心者女性向けPython体験ワークショップ開催の裏側 (ja)

Nobuko Katayanagi, ?, ?, Maaya Ishida, Ai Makabi, Yumi Hashizume, Ota Saori in Community

発足一周年のPyLadies Tokyoの活動紹介とPyLadies Tokyo としておこなった初のワークショップについてご紹介します。GithubとSlackを使った準備、Tornadoを使ったチャットプログラムの作成、当日のPC準備、ワークショップの内容とその反応をご紹介します。当日使ったチャットプログラムのデモもおこないます。

talk

PythonとYAMLでGCPをDeploy!「Google Cloud Deployment Manager」 (ja)

Masashi Terui in Cloud

Google Cloud Platformにおいて、YAMLあるいは、jinjaテンプレートとPythonコードによってYAMLを生成することによって、フルスタックのコンポーネント立ち上げを一括して行うことができるデプロイサービス「Google Cloud Deployment Manager」の使い方や特徴をAWSのCloudFormationとの比較を交えながら解説します。

talk

Pythonで作る、少し未来のオフィス (ja)

Takahiro Kubo in Big Data

将来オフィスでは、AIと人が協調して働くようになると思います。 今回はそんなちょっと未来のオフィスの具体例として、AIも会議に参加し、会議良し悪しを判定するアプリケーションを作成する方法を説明します。 開発はもちろんPythonで行っています。Pythonで機械学習を利用したアプリケーションの作成を考えられている方には、着想・実装両面で参考にして頂けると思います。

tutorial

Machine Learning Bootstrap (ja)

Takahiro Kubo in Big Data

Pythonを利用して機械学習を組み込んだアプリケーションを作成し、Herokuへデプロイするまでを行う、ハンズオン形式のチュートリアルです

talk

Give your scripts the power of the Web! Web automation through Python (en)

Raphael Gaschignard in Useful libraries

Python with just the standard library is great at writing maintenance scripts. But Python with all the community libraries make it a powerhouse for building scripts that run entire businesses, all through web automation. This talk will cover how to write quick snippets to scrape the web, order things off of Amazon, or manipulate Google spreadsheets.

talk

Let's prevent bugs by checking our types in Python (ja)

Daniel Izquierdo in Core Python (Language, Stdlib)

Inspired by recent progress on optional type hints for Python (the mypy project and PEP 484), we'll review how types work and what possibilities type hints provide.

talk

強くなるためのプログラミング ープログラミングに関する様々なコンテストとそのはじめ方ー (ja)

Chica Matsueda in Other

みなさんは何のためにプログラミングをしていますか? 仕事のため、何かをつくるため。 それも良いけれど、「強くなる」ためにプログラミングしてみませんか。 様々なジャンルのプログラミングコンテストとまだ見ぬライバルたちがあなたを待っています。 今回はPythonで参加できるアルゴリズム/AI/機械学習/セキュリティ等のコンテストとその始め方について紹介したいと思います。

talk

失敗と成功のあいだ:ゼロからはじめる強化学習 (ja)

Makoto Otsuka in Science

失敗から学ぶってどういうこと?成功するにはどうしたらいいの?そんな疑問に真っ向から立ち向かう機械学習界の異端児「強化学習」について、その歴史から現在のトレンドまでを、Pythonを使った実例を交えて初心者向けに分かりやすく解説します。

talk

土木でも使えるPython☆彡 (ja)

Ken SENOO in Industry Uses

日常業務でPythonをどう活用しているか紹介します。主に土木系業務でよく使う以下のファイルについてライブラリの紹介などを行います。 csv,xls/xlsx,shapefile,dxf 非Pythonユーザーとプログラムを共有するためのパッケージングや,numpyに依存しているmatplotlib/pandas/scipyなどの是非について考えたことも発表できればと思います。

talk

On SageMathCloud - Doing Mathematics and Python programming on cloud. (en)

Nakayoshix (NAKAMURA Yoshiyuki) in Science

SageMathCloud is a cloud computing platform designed for computational mathematics. Part of the Sage project, it supports editing of Sage worksheets, LaTeX documents, and IPython notebooks.

talk

Pythonによる科学技術計算入門 (ja)

Kenji Nakakuki in Science

NumPy, SciPy, Matplotlib, Pandasなどのパッケージが充実してきたこともあり、科学技術 計算分野(データサイエンス等含む)におけるPythonの利用が拡大しています。本発表では、先人達の偉大な成果(各種パッケージやC/Fortranの設計資産)を生かしながら、C言語並みの高速数値計算プログラムを作成する方法を紹介します。

talk

Let it crash: what Python can learn from Erlang. (en)

Benoit Chesneau in Concurrency

What can we learn from Erlang for building reliable high concurrency services in Python? This talk will shows some techniques used in Erlang and how they can be used to solve problems in a more efficient way in Python. It will also discuss how Python could evolve accordingly.

poster

ニューラルネットの実装が簡単なChainerを用いた音声からの感情識別 (ja)

Masaya Ogushi in Science

最近、ニューラルネットを用いた機械学習が精度が高く注目されています。 そこでコールセンターなどで必要とされることを想定した音声からの感情識別をニューラルネットの実装が簡単なChainerを用いて行ないました。 精度は英語音声で10の感情に対して 39%程度です。 改良して精度向上しました。10の感情で50%程度まで向上しました。

lightningtalk

イベントでTornado触ったので復習してみた〜Backlogの情報をslackにながすよ!〜 (ja)

Maaya Ishida in Web Frameworks

初めて触ったTornadoの復習を兼ねて、1からひとりで簡単なAPIを作成しましたよ、というお話です。

talk

ユニットテストのあれやこれや (ja)

tell-k in Testing

普段、Pythonでユニットテストを書こうとした時に参考にした情報、ツール群を まとめて発表します。発表者は普段をDjangoを利用しているので、Djangoを の場合のプラクティスも盛り込みます。

talk

クローラーと僕 (ja)

tell-k in Useful libraries

クローラーを実装する時に、どのようなことに気をつけて実装するべきでしょうか? Scrapyというフレームワークを利用して、クローラーを開発/運用するための に知っておきたい/抑えておきたいポイントをまとめて発表します。

talk

PyPIデビュー 2015 (ja)

tell-k in Packaging

Pythonパッケージを配布してみたいけど、イマイチどうやっていいかわからない。そんな経験をしたことありませんか?PyPIでパッケージ配布するために、今どきの最低限押さえておきたいポイント、知ってると便利なツール、サービスなどを、簡単にまとめて一通り説明します。

talk

Getting started with PySpark (en)

Charles Vallantin Dulac in Big Data

This talk focuses on getting started with spark and explore using its Python API bindings PySpark for a number of practical data science tasks.

lightningtalk

Pyexperiment (ja)

Peter Duerr in Science

In this lightning talk, I would like to introduce Pyexperiment, a library that facilitates the development of small, reproducible experiments with minimal boilerplate code. I will give a whirlwind tour of the main ideas behind Pyexperiment and demonstrate its core concepts with a few simple examples and use-cases.

poster

Pyexperiment (ja)

Peter Duerr in Science

Pyexperiment is a library that facilitates the development of small, reproducible experiments with minimal boilerplate code. With my poster, I would like to introduce the main ideas behind pyexperiment and demonstrate its core concepts with a few simple examples and use-cases.

lightningtalk

ソーシャルログインを補完: PayPal APIを使った信憑性の高いユーザーデータベース の構築 (ja)

sohei abe in Databases/NoSQL

PayPal APIを使った信憑性の高いユーザーデータベースの構築

poster

ソーシャルログインを補完:PayPal APIを使った信憑性の高いユーザーデータベースの構築 (ja)

sohei abe in Useful libraries

持続性の高いコミュニティサイトを構築するには、信憑性の高いユーザーデータベースが必要です。本セッションではPayPal APIを使った今までにないアプローチのユーザーデータベース構築方法をご紹介します。

poster

Django Girls Japan (ja)

Mami Enomoto in Community

プログラミング初心者向けのワークショップ、Django Girls Tokyoの開催報告とコミュニティーのご紹介。

talk

Building a Scalable Python gRPC Service using Kubernetes (en)

Ian Lewis in Cloud

gRPC is a new high performance, open source, general RPC framework that uses the HTTP/2 standard. Kubernetes is a cluster manager that allows you to create services that can be scaled easily. In this talk I will talk about how to use Python to create a scalable gRPC service and then how to actually manage and scale it using the Kubernetes cluster manager.

talk

Rise of the Static Site Generator (en)

Justin Mayer in Best Practices/Patterns

Web publishing originally consisted of static HTML and CSS assets, but the database-backed content management system soon became the dominant web publishing model. In recent years, there are signs that this trend is being reversed. This talk investigates the rise of static site generators and discusses how these light-weight tools can often offer significant benefits over the traditional CMS.

talk

Better Python DevOps Security (en)

Justin Mayer in Systems Administration

Heartbleed, Shellshock… With security vulnerabilities on the rise, how can Python developers protect the systems that serve their applications? Unattended package upgrades can help, but only if they are properly set up and monitored. Security upgrades can be even more complicated when using Docker containers, which require a different strategy to ensure systems are properly protected.

lightningtalk

汝はロボットなりや?~わるいインターネットボットからサービスを守るために~ (ja)

ぷりんたい in Other

もはや基礎スキルとなっているクローリング・スクレイピング等を用いたウェブ自動化ですが、このフォースを悪用したダークサイドな人々による世間様に迷惑をかける事件が後を絶ちません。このLTでは暗黒面に落ちたインターネットボットを検知する方法を共有することで、あなたのウェブサービスを少しでも守る手助けをいたします。

lightningtalk

一般向けスタンドアロンアプリをPython3にしてみた (ja)

WATAHIKI Hiroyuki in Best Practices/Patterns

自作のアプリを作って公開したまではよかったが、諸般の都合でPython2になってしまい、後悔が残っていました。そんな状況でPyCon JP 2014の基調講演を見て刺激を受け、Python3対応に挑戦した時の顛末をお話しします。

poster

Sphinx-users.jp (ja)

Takayuki Shimizukawa in Documentation

オープンソースのドキュメンテーションツール、Sphinxについて紹介します。Sphinxは分かりやすく、美しいドキュメントを簡単に作ることが出来ます。SphinxはHTML, ePub, PDFなどの複数のドキュメント形式を出力し、ドキュメントはreStructuredText(reST)記法で記載します。

talk

Sphinxで作る貢献しやすいドキュメント翻訳の仕組み (ja)

Takayuki Shimizukawa in Documentation

Sphinxは、Sphinxドキュメントのソースから、翻訳しやすいgettext形式の翻訳カタログファイルを作成できます。 また、翻訳カタログを使ったドキュメントの多言語化に対応しています。 あなたは、翻訳カタログを扱える好きなエディタやサービスでドキュメントを翻訳できます。 このセッションでは、これらの機能を使ってドキュメントを翻訳するプロセスの全体像を紹介し、それを自動化する方法について紹介します。 また、Sphinxで書かれたドキュメントを翻訳するうえでのヒント、コツ、そして注意点についてお話しします。

talk

Sphinx autodoc: APIドキュメントの自動生成 (ja)

Takayuki Shimizukawa in Documentation

Sphinxの自動ドキュメント機能を使うと、Pythonプログラムの充実したドキュメントを手軽に作れます。 あなたは、Pythonの関数ドキュメント(docstring)を書くだけで、Sphinxを使ってドキュメントを整形し、多様なフォーマットに変換できます。 このセッションでは、Sphinxのautodoc, autosummaryを利用したドキュメンテーションの方法について紹介します。

tutorial

Sphinxハンズオン (ja)

Takayuki Shimizukawa, Takeshi KOMIYA, Yoshiki Shibukawa, Yosuke ATAKA in Documentation

オープンソースのドキュメンテーションツール、Sphinxを用いたドキュメント作成について紹介します。Sphinxは分かりやすく、美しいドキュメントを簡単に作ることが出来ます。SphinxはHTML, ePub, PDFなどの複数のドキュメント形式を出力し、ドキュメントはreStructuredText(reST)記法で記載します。 「触ってみようと逡巡している人」や「使おうと思ったけどよく分からない」といった方を対象に、基本的な文法、ビルド、についてハンズオン形式で学んでいきます。

talk

Pythonで作る俺様サウンドエフェクター (ja)

Ransui Iso in Other

ある日、久々に楽器でも弾くかとベースギターを取り出し、エフェクター、アンプを繋いでスイッチON。弦を弾いても音が出ません。数年ぶりに電源を入れた10年選手のマルチエフェクターはお隠れになっていたのです。途方に暮れる私の目の前にはPythonが動くノートPCが。これはプログラミングのチャンスというわけで早速Pythonを使って俺様エフェクターを作成し、思う存分演奏を楽しんだのでした。このセッションではリアルタイム音声信号処理とデモを通してPythonによるホビープログラミングとその学習効果についての可能性を探ります。

poster

IoTに特化した機械学習利用ツールの作成 (ja)

Kentaro Kurakata in Embedded Systems

さあ!Raspberry Pi等のマイコンボードを使って君もIoTに挑戦しよう!センサもいっぱいつけてさ!…………ん?センサが多すぎてアルゴリズムが難しすぎる?そんなときは機械学習を使おう!…………え?機械学習を今から覚えるのは面倒だ? そんな人に向けたツールを作っています。

lightningtalk

Pythonを使ってリアルな産業構造を進化させる方法 (ja)

jun enomoto in Other

情報によって、産業構造が変わる実例(主にリクルート社が行って来た産業構造の変革)をもとに、Pythonを使ってリアルな産業構造を進化させる方法と、ねらい目の業界について説明します。

poster

Pythonを使ってリアルな産業構造を進化させる方法 (ja)

jun enomoto in Industry Uses

情報によって、産業構造が変わる実例をもとに、Pythonを使ってリアルな産業構造を進化させる方法と、ねらい目の業界について説明します。

poster

PyData.Tokyo: PyCon JPから始まった「濃い」コミュニティ (ja)

Hideki Tanaka, Takahiro Ikeuchi, Akira Shibata, mitsuo yamamoto in Community

PyData.Tokyoは、PyCon JP 2014がきっかけとなって発足したコミュニティです。「ディープラーニング」や「自然言語処理」など、いまアツい分野の第一線で活躍する方々を毎回ゲストとしてお招きし、深く議論することに力を入れたミートアップを、これまで開催してきました。このセッションでは、これまでのPyData.Tokyoの「濃い」活動について紹介します。Python+Dataに強い関心を持つ皆さんが交流する場としてもご活用下さい。

talk

セカイノカオ by チーム・カオ (ja)

Hideki Tanaka, Aida Torajiro, mitsuo yamamoto in Science

インターネットで見ることが出来るたくさんの写真を解析して、世界中のヒトのカオを集めたら何が見えてくるだろう?ディープラーニングを使って感情を読み取ってみたら?地図上にカオを並べてみたら?チーム・カオは東京都現代美術館で開催される展覧会「ここはだれの場所?」で「セカイノカオ」を発表します。このセッションでは、チーム・カオが作品の制作で使っているPythonのツールや手法、展覧会の様子についてお話しします。

talk

Introduction to Theano -- not only for deep learning (en)

Kimikazu Kato in Science

Theano is a library aimed at mathematical optimization with symbolic computation. Although it has become famous as a base of the deep learning library pylearn2, its applications are not limited to machine learning problems. This talk explores basic principles and capabilities of Theano, and shows some simple applications. This talk also includes an overview of how pylearn2 works.

talk

Data selection techniques in pandas (en)

Kimikazu Kato in Big Data

This talk introduces data selection techniques in pandas. In pandas, DataFrame is a commonly used class to deal with large data, and can effectively select some records which satisfies a certain condition. I will not only explore its capabilities, but also give a discussion about how it works and where its specification comes from.

tutorial

Pythonを使った機械学習入門 (ja)

Kimikazu Kato in Science

機械学習って面白そう、自分でやってみたい、という人向けに、Pythonを使った機械学習プログラミングについて基本的な話をします。最終的な目標としては、scikit-learnに付属するあやめのデータや糖尿病のデータを使って実際の分類、予測、可視化のハンズオンを行います。

lightningtalk

Django から各種チャットツールに通知するライブラリを作った話 (ja)

Yusuke Miyazaki in Useful libraries

Django アプリケーションから Slack や HipChat といったチャットツールに簡単に通知を送ることができるライブラリ、django-channels を開発しました。このライブラリを使うと、エンジニア以外のメンバーともサービスの情報を共有しやすくなります。このトークではライブラリを開発するに至った経緯や、ライブラリの利用例などについて紹介します。

lightningtalk

Django と位置情報ハッシュで作る位置情報アプリ (ja)

Yuki Sakai in Web Frameworks

地理情報システム (GIS) を扱うフレームワークとしては GeoDjango が知られていますが、 Web アプリで利用するという点においては、より単純なデータで表現できる位置情報ハッシュ (Geohash, QuadKey) も有用な選択肢となります。 Django で効率よく扱う手法を考察しました。

lightningtalk

サブコマンドを受け付けるプログラムは、Python が楽だと思うんです! (ja)

KAIEDA KENSUKE in Other

サブコマンドがあるコマンドラインアプリを作るのは Python が一番楽だと思うんですよ! この思いを、発表したいと思いますmm

lightningtalk

PyCon JP の舞台裏 (ja)

Ryo KAJI in Community

今年の PyCon JP についてよく言われた/よく聞かれた内容について、スタッフの一人が Q&A 方式で回答します。

lightningtalk

TOC思考プロセスで考えるPython 2→3移行問題 (ja)

金谷敦志 in Other

TOC思考プロセスで考えるPython 2→3移行問題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加